RIYO BOOKS

RIYO BOOKS

主に本の感想文を書きます。海外文学が多めです。


2021-02-14から1日間の記事一覧

サルトル『水いらず』感想

こんにちは。RIYOです。 今回はこちらの作品です。 ジャン・ポール・サルトル『水いらず』です。短篇・中篇集です。 性の問題をはなはだ不気味な粘液的なものとして描いて、実存主義文学の出発点に位する表題作、スペイン内乱を舞台に実存哲学のいわゆる限界…

privacy policy