RIYO BOOKS

RIYO BOOKS

主に本の感想文を書きます。海外文学が多めです。


チャペック『ロボット』感想

f:id:riyo0806:20210505012615p:image

 

こんにちは。
RIYOです。

今回はこちらの作品です。

 

チェコの作家、ジャーナリストとして活躍したカレル・チャペックの『ロボット(R.U.R)』です。激動の時代、激動の国を生き、幅広い文学作品を世に発表しました。

ロボットという言葉はこの戯曲で生まれて世界中に広まった。舞台は人造人間の製造販売を一手にまかなっている工場。人間の労働を肩代わりしていたロボットたちが団結して反乱を起こし、人類抹殺を開始する。機械文明の発達がはたして人間に幸福をもたらすか否かを問うたチャペック(1890ー1938)の予言的作品。

 

1800年代のチェコは、オーストリアハンガリーの属国でごく小さな国でした。使用されていた独自の言語である「チェコ語」も徐々にドイツ語に侵略され、貴族や一般市民など、誰もがこの言語を使わなくなっていました。

チェコという国の存在自体が消え行く中、ボヘミアの炭田を景気にドイツ資本家たちが起こした「産業革命」で工業が発展します。この潤いはチェコの国民の生活だけではなく、芸術性にも変化をもたらします。この時期に生まれたのが、アールヌーボーを代表する画家ミュシャ、『新世界』の作曲家ドヴォルザーク、『変身』の作家カフカなどです。そしてカレル・チャペックも生まれました。

 

1914年、第一次世界大戦争が勃発します。怪我や病気によりチャペックは兵役を免れます。チャペックには兄があり、二人で「チャペック兄弟」として文学の道を歩んでいきます。最初は詩の翻訳を中心に活動していましたが、新聞への寄稿、そこからチャペックは哲学や劇作家の道、兄ヨゼフは画家の道をそれぞれ進みます。

第一次世界大戦争が終結した際、オーストリアハンガリーが敗戦国となり、チェコスロバキアが独立し、今までの支配から逃れることとなりました。しかしながら、第二次世界大戦争へ繋ぐ「ナショナリズムの波」が「独裁者たち」により引き起こされます。これは産業革命により世界有数の工業地域となっていたチェコに、恐ろしい影響を与えます。戦争にまつわる兵器、おぞましい毒ガスなど、「人が人を殺す」工業に発展させられます。産業革命が起こった当時、誰もが抱いた「科学の幸福」は不幸な発展へと向かったのです。

 

チャペックは『ロボット(R.U.R)』で多くのことを読者に問うています。

 

「人間と労働」に関して
ロボットの語源である「robota(賦役)」どおり、ロボットに労働をさせるという考え方が正しいのかどうか。人が楽になることは、人を怠惰にすることです。これを進歩と言えるのでしょうか。労働は不幸なのでしょうか。労働により得られる「幸福」は存在する筈です。進歩の方向性を、利益や自己満足で決めるべきではありません。世界の自然を破壊するのではなく、守る進歩を。懐ではなく心が豊かになる進歩を。怠惰ではなく、相乗効果で双方が豊かになる進歩を。人間の労働に「価値」を存在させることが重要であると考えます。

私は科学を弾劾する!技術を弾劾する!ドミンを!自分を!自分たち全員を!われわれ、われわれに罪がある。自分たちの誇大妄想のために、誰かの利益のために、進歩のために、いったいどんな偉大なことのためにわれわれは人類を亡ぼしたのであろうか!さあ、その偉大さのために破滅するがよい!人間の骨でできたこんなにも巨大な墳墓はいかなるジンギスカンといえどもたててやしない!

 

「生命の倫理」に関して
クローン等の遺伝子操作研究にも言えることですが、「人間に似たもの、或いは人間そのもの」を創造することは正しい行いなのでしょうか。神が人間を創造し、神の意思に従い、「自然に繁殖」を続けることが正しいのではないでしょうか。チャペックがキリスト教徒であったことも関係しますが、「生命」の冒涜ではないかと問うています。
また、「生命」と「魂」についても考えさせられます。

われわれは機械でした、先生、でも恐怖と痛みから別なものになったのですーー魂になったのです。

これはロボットの言葉です。「恐怖」と「痛み」が、「魂」を作り上げるのです。魂が宿り、意思があり、肉体があれば「生命」と言えるのでしょうか。つまり、人間が「不自然に創造」していることに他ならないのです。

 

「生命」と「魂」、これらを「肉体」と「心」と言い換えることができないでしょうか。ヴィリエ・ド・リラダン未來のイヴ』では「ハダリー」というアンドロイドをエディソンが恩人のために創造します。

私はこのまぼろしの女に於て、「理想」それ自體が、初めて、あなたの感覺にとつて、觸知し得るもの、聽取し得るもの、物質化されたものとして姿を現すやう、是が非でもしてみるつもりです。あの魂を奪ふ蜃気樓のやうな最初の時間を、あなたは追憶の中にむなしく追ひ求めていらつしゃいますが、どんなに遠くまで飛び去つてゐても、私はそれを止めて御覧に入れます。そして、それを殆ど不朽不滅なものとして、よろしうございますか、あなたのかいま見られた唯一の眞の形體の中に固定せしめ、あなたのお望み通りに姿を變へた、あの女の生寫しとも謂ふべき第二の女を作つて差上げます!

肉体と心があれば「愛」が生まれます。人工的に「愛」を生み出すことこそが「神への冒涜」だと考えると、ロボットの創造が罪な行為であるという考えにも得心がいくように感じます。

 

ロボットとの生殖行為は不可能であり、「生殖から切り離されそれ自体の快楽を追求する」行為となるならば、七つの大罪「色欲」に該当します。そして人間が労働を放棄する行為は「怠惰」に該当します。クローンであればどうか、これはローマ教皇が定めた「新しい七つの大罪」の「遺伝子改造」「人体実験」に該当します。

チャペックは作品内で、産業の発展は「進歩の方向性」が重要であると説いています。人間の「罪に値する欲望」を原動力とした研究や進歩は「不幸」を招くと危惧していたのではないでしょうか。
しかし、世に出した「ロボット」という言葉は図らずも独り歩きし、金属製人型ロボットを空想させていきます。これに嘆き、チャペックは以下のように述べます。

歯車、光電池、その他諸々の怪しげな機械の部品を体内に詰め込んだブリキ人形を、世界に送り出すつもりは作者にはなかった。

ロボットのヘレナも、ハダリーも「罪のない愛」を持っています。創造する側に罪があるならば、罪を犯さなければよいだけのことです。「人間と人間の自然な愛」をより安泰にする技術の進歩を望むばかりです。

 

舞台が固定で非常に読みやすい戯曲です。未読の方はぜひ読んでみてください。

では。

 

riyoriyo.hatenablog.com

riyoriyo.hatenablog.com

ピーター・シェーファー『ブラック・コメディ』感想

 

f:id:riyo0806:20210501005721p:image

 

こんにちは。
RIYOです。

今回の作品はこちらです。

 

f:id:riyo0806:20210501142800p:image

 

イギリスの劇作家、ピーター・シェーファーの傑作戯曲『ブラック・コメディ』です。劇団四季でも「ストレートプレイ」で上演され、好評を博しました。

まず舞台は暗闇、しかし、舞台上の人物は何の不自由もなく動きまわっているらしい。そして、突然、明り!それと同時に舞台上の人物たちは暗闇の世界へ……。何とこの芝居では、明と暗が世の常と逆になっているのだ。停電と共に舞台に光が入り、その暗闇での出来事を観客はみる事になるのである。かくして、今までどの劇作家も思いつかなかったこの天才的な設定のもとに、この抱腹絶倒のドタバタ劇は始まるのである。暗闇の中で次々に襲いくる受難の数々、そして、それを打破すべく汗みどろの格闘、一難去って、又一難……。取り違え、感違い、スレ違い、正に手に汗にぎるスリルとサスペンス、世界中で大ヒットした、ピーター・シェーファーの傑作喜劇‼︎

 

ピーター・シェーファー(1926-2016)は、映画化されアカデミー賞を受賞した『アマデウス』、同様にニューヨーク劇作批評家賞を受賞した『エクウス』が有名です。

「人生は多義的で不可解で曖昧なものであるから、演劇がそうなるのは当然だが、ドラマであるためには、はっきりしたイメージと鳴り響くメッセージがなければならない。」

上記二作は共にテーマを含め「シリアス寄り」です。『アマデウス』は、モーツァルトの才能を認めながらも嫉妬して毒殺し、自白する事により、自身も後世に名を残そうとする作曲家サリエーリの話。『エクウス』は馬に狂うほど魅了された少年と、対話により鑑定しようとする精神科医の話。どちらもウィットに富んではいますが、重々しさが中心となる作品です。どちらも「人物の複雑な心理と行動」がテーマとして描かれ、普遍性を持って訴えかけます。

 

しかし、この『ブラック・コメディ』は終始笑いっぱなしの喜劇です。スラップスティックに描かれていて、次々に訪れる「災難」は読み手を「笑顔」にしていきます。主人公である売れない芸術家ブリンズリーの、人生を賭けた今夜の命運を祈った直後に停電(不運)が訪れるシナリオは、読み手の「喜劇的不安」を煽り、これからの展開に対する期待を膨らませます。

 

ブリンズリーは大富豪に自分の作品を売りつけるチャンスを得ます。家に招く際、婚約者キャロルに唆され、見栄を張る為に隣人の高級調度品を無断で拝借します。それはキャロルの父親も同時に招く必要があった為なのでした。しかしタイミング悪く隣人ハロルドが帰宅して、さらに元情婦クレアが縒りを戻そうとやってきます。

 

この悪い想像しか出来ないシナリオが停電の中で行われます。それはもう惨事です。そして、これがシェーファーの天才的な演出法で描かれます。照明の逆転。停電の時は「照明」、電気が点灯する時は「暗闇」、マッチやライターで照らす時は「薄暗く」。この暗闇の中で連鎖的に起こるハプニングが読み手を笑いの渦に引き込みます。同時に、「暗闇だからこその人間らしい醜い言動」が浮き彫りになり、生々しさが鮮明に描かれます。人生を舞台として置き換えた場合、誰もが演じる「喜怒哀楽」を凝縮して描いている作品とも言えます。

 

 

題名は、文字どおり、暗闇のなかで演じられる喜劇である。だが同時に、表面はおろかしい紋切型の人物であるが、内にはそれぞれ不幸や悩みを持っているという意味での、人生のブラック・コメディである。

訳者の倉橋健さんはこのように評しています。

 

『エクウス』から『ブラック・コメディ』までの振り幅が大きく、とても同じ作家から執筆されたとは考えにくいほどの才能です。彼の作品にある要素は、物語構成のプロットが非常に緻密に計算されている点です。読み手(或いは観客)はどのように感じるか、受け取るかを考え抜き、場の展開が論理的に構築されています。

 

とにかく終始、笑顔にさせられる秀逸な喜劇です。戯曲が苦手な方でも必ず楽しむことが出来ますので、ぜひ読んでみてください。

では。

(以下に『ブラック・コメディ』の紹介が出来なかったので、ピーター・シェーファーの代表作を紹介しています。)

 

メリメ『カルメン』感想

f:id:riyo0806:20210429010500p:image

 

こんにちは。
RIYOです。

今回の作品はこちらです。

 

 

プロスペル・メリメカルメン』です。
数ヶ国語を使いこなす、フランスへ初めてロシア文学を紹介した作家です。

南国スペインの情熱を象徴する美貌の女カルメン。純朴で真面目な青年ドン・ホセは、彼女と出会ったために運命を狂わせられる。嫉妬、決闘、殺人、そしてついにはカルメンをも殺してしまう……冷静簡潔な筆致でそのあやしいまでの美しさを描く表題作。

 

プロスペル・メリメ(1803-1870)は、考古学者です。史跡監督官として現在の修復考古学の礎を築いた人です。また神学、占術史学にも長けており、これらの経験を持ち前の文芸センスで小説を書き上げ、作家としても活躍します。この『カルメン』が代表作です。
この多才な学者は、たいへん情事の多いことでも知られています。そして、関係のあった女性に向けて執筆をしています。

「わたしは生涯、けっして公衆のためなどに書きはしなかった。いつも特定のある人のために書いた。」

引用元:メリメ全集 第三巻

彼の関心事が筆を伝って物語に宿っていきます。「情欲」「自由」「愛憎」「誇り」など。

 

メリメはスタンダールらと共に「新鋭の自由主義」を掲げ、多勢であった「保守的ロマン派」と対立した文学の姿勢で活動します。この「新鋭の自由主義」は、「尊ぶべき、美しき、純粋な、フランス文学」が度を越し「書くべき描写」が制限され表現が不自由であるとの考えから旗揚げされました。
メリメの作品、特に本書収録の六篇はいずれも「新鋭の自由主義」らしく、「情欲」「自由」「愛憎」「誇り」で溢れています。

 

フランスの作曲家ジョルジュ・ビゼーが『カルメン』をオペラ・コミックに作曲しました。今日、誰もが知る曲の数々です。ビゼー自身、『カルメン』という作品の「自由な描写」に魅せられた一人でした。しかし、この大成功はビゼー自身、体感する事なく世を去ります。

メリメの原作とビゼーのオペラを比べると、内容が大きく違います。主要な人物の名前や行く末まで。相違点を挙げるとキリが無いほどです。この理由は、当時のフランス国内の風潮、つまり「保守的ロマン派」的な聴衆の価値観が原因しています。
カルメン』は悲劇です。紹介文にもあるように「血生臭い」描写も多々あります。「情欲」「愛憎」に溢れるこの作品は、いわばキリスト教下では受け入れられない価値観として考えられていました。ビゼーは原作に忠実な『カルメン』の台本を希望しましたが、劇場側がこれを受け入れず、演奏者が拒否します。なんとか初公演にこぎつけるも、観客からは不平の声。その声を受けて改編するも、初公演から三ヶ月、ビゼーは病死します。
しかし、「新鋭の自由主義」が世に広まるように、改編したオペラ『カルメン』も徐々に認められて、現在のオペラ最高峰の評価を受けるに至ります。

 

本編のヒロイン「カルメンシタ」はジプシー(原文に準じてこの語とします)として描かれています。ジプシーは「エジプトから来た人(エジプシャン)」が転じて異民族移民をジプシーと呼びます。当時のフランスでは「ヨーロッパ」か「非ヨーロッパ」で大きく分けて考えられていました。これを優位性として捉えており、極端な差別的考えが国全体で持たれていました。核になる基準が、「キリスト教的価値観」です。この価値観は「情欲」「愛憎」はタブーとされます。これらを持ち合わせた「自由な人」をメリメは異文化ジプシーで表現し、自己の関心事を物語に乗せて表現したのでした。

 

「情欲」「自由」「愛憎」「誇り」、そしてこの悲劇の顛末は、ドストエフスキー『白痴』の「ラゴージン」を思い起こさせます。

貴族からやくざ者に転げたホセ・ナヴァロは、義を重んじ、義を求める。自分を救ったメリメをカルメンから救い、カルメンに自分と同じ価値観を求めます。しかし、カルメンは頑なに拒否し、自由を主張します。全て一人で考え、一人で悩み、一人で行動したホセ・ナヴァロは、去る時も孤独でした。

公爵は床の上にじっとすわって、そば近く寄り添いながら、病人が叫び声やうわごとを発するたびに、大急ぎでふるえる手をさし伸ばし、ちょうど子供をすかしなだめるように、そっと頭や頬をなでていた。

引用元:ドストエフスキー『白痴』

ラゴージンの愛憎の末の崩れた精神を、脆い無意識の優しさで支えようとするムイシュキン公爵の、魂だけでも救おうとするキリスト教徒としての行動が、ホセ・ナヴァロにも与えられていたなら、彼の魂は浮かばれたかもしれません。

 

あまりにも有名なこの作品ですが、読むと印象がきっと変わります。未読の方はぜひ読んでみてください。

では。

 

riyoriyo.hatenablog.com

 

privacy policy