RIYO BOOKS

RIYO BOOKS

主に本の感想文を書きます。海外文学が多めです。


デューナ・バーンズ『夜の森』感想

f:id:riyo0806:20210424161648p:image

 

こんにちは。
RIYOです。

今回はこちらの作品です。

 

デューナ・バーンズ『夜の森』です。デカダン派女流作家として小説・戯曲などで活躍した作家です。T・S・エリオットが絶賛し、この作品の「序文」を書いています。

両大戦間のベルリン、ウィーン、パリ、ニューヨークーー時間の廃墟を夢遊病者のように彷徨する〈無宿の天使〉ロビン・ヴォート。流浪するロビンを狂おしく恋するレスボスの愛に呪われたノラとジェニー。彼女らの夜の告白の懺悔聴聞僧をつとめるソドムの医者マシュー。ロビンの血をわけた息子で成長の止った白痴のグイードー……〈昼〉の秩序論理を棄て〈夜の森〉をさまよいつづける魔に憑かれた人びとの孤独と失墜と破滅を、T・S・エリオットロレンス・ダレルらの絶賛をあびた幻の傑作。
「私が読者に見出してもらいたいと願っているものは、見事に達成された文体であり、美しい語法であり、絢爛たる才気と人物造型であり、エリザベス朝悲劇のそれに匹敵するといってさしつかえない恐怖と運命感にほかならない」(エリオット)

 

1920年代のパリ。各国の「芸術家」が集結し、モダニズムをはじめとした芸術が多方面へ広がっていった時代、バーンズは雑誌記者としてアメリカより渡仏してきます。彼女の仕事は作家・芸術家(主にアメリカ人)へのインタビューであり、それを記事に起こすことでした。映画『ミッドナイト・イン・パリ』にも登場します。彼女が起こす記事の文学性は早々に認められ、ついには雑誌へ小説を掲載するに至ります。

 

彼女の文章には「頽廃」と「エロス」が含まれます。この特徴は彼女の生い立ち、或いは父親の存在が影響して表れています。父であるウォルド・バーンズは、自称作曲家ですが真っ当に活動することはなく、方々に無心しその日をなんとか暮らしているような人物でした。その言動は醜く、娘である彼女を他人へ売りつけるほどの悪辣ぶりでした。

彼女は満足な教育を受けられず、家計を支え、自身の「本来華やかな価値観が育まれる時期」を犠牲にします。そして彼女は芸術家が属するボヘミアン共同体に参加し、彼女自身もボヘミアニズムに浸り、憧れるようになります。ここから彼女の人生は、前述の記者時代へ向かい、芸術および文学の方面へ漠然と進んでいきます。

 

バーンズの悲劇的な生い立ちは、「頽廃的な価値観」と「歪められた性愛」を生み、彼女の文体に組み込まれます。本書『夜の森』では、これらを存分に感じることができます。

この小説の深層で語られている主題は、普遍的な人間の悲惨と呪縛の主題なのだ。

エリオットは序文でこのように語っています。

バーンズ自身の持つ「頽廃的な価値観」は自身の経験した特別な悲惨さから来るものではなく、普遍的に、つまりは誰しもが持っている「心の頽廃性」として描き、その性質が「性愛」に影響し、そこから生まれる悲惨さは読み手の「心の中の不安」を思い起こさせます。

 

夜になると、神経が高ぶり、本能や欲望が強くなり、不安が募る。昼に存在していた自制心や社交性が薄くなる。確かに夜は集中力が増し、大胆な行動や決断ができることが多くなります。しかしバーンズはこういった自律神経の作用を「頽廃的な価値観」で鬱屈な方向へ導き、恐れや不安を煽るような普遍性を説いていきます。

「本当の自分」を保障しているのは、実は自我が置かれている日常現実の諸関係であり、ひっきょう〈昼〉の秩序論理であるからである。

訳者の野島秀勝さんの言葉です。

 

この〈夜〉に現れる、もしくは生まれる欲望や不安や神経の緊張は「深層意識」より生まれていると考えられます。無意識な脳内の逡巡が突如、「過去のトラウマ」を捉えて現在に同様の不安を一瞬起こすように、〈夜〉になると脳内で「頽廃性」が活性化していきます。この作品でも繰り返し「頽廃的な表現」が出てきます。

人生というのは、死を知るための猶予期間だ。(p.83)
どんな上等な楽器だって、時がたてば故障するーーそれだけの話よ、楽器はこわれる、みんながよそよそしくなったら、そうと知るがいい。(p.161)

自分の人生さえも俯瞰的に捉え、「人生は落ちていくもの」という概念を受け入れ、救いを求めようとする行為さえ否定するような彼女の文章は、「美しさにまで昇華された悲しさ」に感じられます。

 

バーンズの文章は非常に詩的で美しく、しかし優しくない意志の強さが宿っている不思議な文体です。「狂騒の時代」であるパリを背景に描かれたこの作品は、彼女の筆致で耽美的で頽廃的に書かれています。ぜひ、読んでみてください。

では。

 

riyoriyo.hatenablog.com

privacy policy